仮想 通貨 と はk8 カジノIntelがモバイル向け「第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)」の追加ラインアップを発表 eSIM対応の5Gモデムも年内投入へ仮想通貨カジノパチンコバンダイ オンライン ゲーム

仮想 通貨 と はk8 カジノIntelがモバイル向け「第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)」の追加ラインアップを発表 eSIM対応の5Gモデムも年内投入へ仮想通貨カジノパチンコバンダイ オンライン ゲーム

パチンコ お客様 感謝 デーk8 カジノ

パチスロ 政宗2 スレ Intelは5月30日(米国太平洋夏時間)、5月31日(台湾時間)に開幕する「COMPUTEX TAIPEI 2021」に合わせて、モバイル向け第11世代Coreプロセッサ(開発コード名:Tiger Lake)の追加ラインアップと、MediaTekやFibocomと共同開発した5Gモデムモジュール「Intel 5G Solution 5000」を発表した。新製品を通して、同社はノートPCのプラットフォーム機能を強化し、市場での選択肢を拡充するとしている。

→Intelがモバイル向け「第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)」を正式発表 パフォーマンスをより改善→Intelが第11世代CoreとEvoプラットフォームのvPro対応を発表――次世代CPU「Alder Lake」の実働デモも→IntelがTDP 35Wで5GHzオーバーの第11世代Core H35シリーズを発表→ついに8コア16スレッド対応! IntelがTiger Lakeベースの「Core H45」「Xeon W-11000」を発表イメージ第11世代Coreプロセッサ(開発コード名:Tiger Lake)のチップイメージ(UP3プロセッサ)プロセッサの新製品は2つ

 モバイル向け第11世代Coreプロセッサの新製品は以下の2つとなる。いずれも一般的なノートPC向けの「UP3プロセッサ」(46.5×25mmパッケージ)で、CPU部分は4コア8スレッド構成だ。

Core i5-1155G7:2.5GHz~4.5GHz(1コア)/4.3GHz(全コア)、8MBキャッシュCore i7-1195G7:2.9GHz~5GHz(1コア)/4.6GHz(全コア)、12MBキャッシュ

 Core i7-1195G7は、Intel Turbo Boost Max Technology 3.0を適用することで、1コアのみではあるが、Uプロセッサ系統としては初めて5GHz駆動をサポートした。

 その他の主要な仕様は、既存のモバイル向け第11世代Coreプロセッサ(UP3)と同様となる。TDP(熱設計電力)は12~24Wの範囲でPCメーカーが決める。そのため、PCメーカーやモデルによってパフォーマンスの“味付け”が変わる可能性がある。メインメモリはDDR4-3200(最大32GB×2)またはLPDDR4X-4266(最大16GB×2)をサポートする。

 内蔵GPUは「Intel Iris Xe Graphics」で、最大クロックはCore i5-1155G7が1.35GHz、Core i7-1195G7が1.4GHzとなる。Core i7-1195G7はGPUの最大クロックが従来の最高値(1.35GHz)よりもさらに500MHz引き上げられている。

 CPUとGPUの最高クロックの引き上げを通して、IntelはCore i7-1195G7を「薄型軽量ノートPCにおけるカジュアルなゲーミングやコンテンツ作成に最適なプロセッサ」としてアピールするようだ。

パフォーマンスCPUとGPUのクロックアップによって、AMDの「Ryzen 7 5800U」(1.9GHz~4.4GHz、8コア16スレッド、20MBキャッシュ)よりもカジュアルゲームに向くとアピールする(資料提供:Intel)コンテンツ作成コンテンツ作成用のソフトウェアでも、最適化の進んだものを利用すればRyzen 7 5800Uよりもパフォーマンスが良好であるという(資料提供:Intel)Intel 5G Solution 5000はSub-6に対応

 Intel 5G Solution 5000は、Sub-6(6GHz以下の周波数帯)の5Gの他、4G(LTE)や3G(W-CDMA)での通信に対応する。モデム部はMediaTek製で、モジュールはFibocomが製造を担う。Tiger Lakeや、その次世代に相当する「Alder Lake」を搭載するノートPCを想定して設計されているという。

モジュールIntel 5G Solution 5000のモジュールのイメージ

 最高通信速度(理論値)は、5G NR(5Gの通信規格)ネットワークでは下り4.7Gbps/上り1.25Gbps、LTEネットワークでは下り1.6Gbps/上り150Mbpsとなる。eSIMを内蔵しており、eSIMに対応するキャリアであれば、物理的なSIMカードを用意しなくても通信を行えるようになっている(※)。

(※)別途、eSIMに対応する通信サービスを契約または購入する必要があります

 このモジュールは、南米を除く世界各国で採用されることを想定しており、発表時点において日本ではNTTドコモやKDDI(au)などのネットワークに対応する予定だという。

仮想通貨カジノパチンコ暇つぶし ゲーム pc 無料

タグ: , ,

Leave a Reply

業界連盟:k8 カジノ ログイン k8 カジノ カジノ フライデー ネット ルーレット 沖ドキ! 25 k8 カジノ 日本のオンラインカジノ k8 カジノ 招待コード |