cr バルタン 星人k8 カジノついに8コア16スレッド対応! IntelがTiger Lakeベースの「Core H45」「Xeon W-11000」を発表仮想通貨カジノパチンコ桑名 マリオン パチンコ

cr バルタン 星人k8 カジノついに8コア16スレッド対応! IntelがTiger Lakeベースの「Core H45」「Xeon W-11000」を発表仮想通貨カジノパチンコ桑名 マリオン パチンコ

本 売れ残りk8 カジノ

パチンコ 釘 の 見方 Intelは5月11日(米国太平洋時間)、Tiger Lakeアーキテクチャを採用するハイエンドモバイル向けCPUの新製品を発表した。新CPUを搭載するノートPCやモバイルワークステーションは、PCメーカーを通して順次発売される予定だ。

新プロセッサ今回投入される新プロセッサのイメージ画像Core H45プロセッサの概要

 Tiger Lakeマイクロアーキテクチャを採用する「Core Hプロセッサ」のうち、4コア8スレッドの製品は既に「Core H35プロセッサ」として発売済みだ。

→IntelがTDP 35Wで5GHzオーバーの第11世代Core H35シリーズを発表

 今回発表される新製品は、6コア12スレッド構成または8コア16スレッド構成の「Core H45プロセッサ」である。エントリーからハイエンドまでのゲーミングノートPCや、クリエイター向けのノートPCでの利用を想定している。8コア16スレッドの製品の一部は、アンロック(オーバークロック)や「Intel Turbo Boost Max Technology 3.0(TBT 3.0)」にも対応する。企業内クリエイターの利用を想定して、セキュリティや管理機能を強化した「Intel vPro」に対応する製品も用意した。

セグメンテーションCore H45プロセッサは、エントリーからハイエンドまで幅広いレンジのゲーミングノートPCやクリエイター向けノートPCをカバーするパフォーマンスTiger Lakeマイクロアーキテクチャを採用するCPUとしては初めて、アンロックやTBT 3.0に対応する製品も用意している

 メインメモリはDDR4-3200規格に対応する。GPUコアは最新のXeアーキテクチャに刷新され、描画や機械学習処理のパフォーマンスを向上した。ただし、EU(演算ユニット)は32基となるため、名前は「Intel UHD Graphics」となる。内蔵ディスプレイ用のDisplayPort出力(eDP)は2系統備える。

 CPU直結のPCI Express 4.0バスは20レーン(GPU/ストレージ用)を備え、チップセット側のPCI Express 3.0バスと合わせて最大44レーンのPCI Expressバスを利用できる。PCI Express 4.0レーンは、「Intel Optane Memory H20」やRAID0構成のストレージからの起動にも対応する。無線LAN(Wi-Fi)モジュールは、ゲーミング向けに最適化された「Intel Killer Wi-Fi 6E」にも対応している。

概要Core H45プロセッサの概要RAIDPCI Express 4.0接続のSSDでRAID0を構成すれば、より高速なデータアクセスを実現できるKiller無線LAN(Wi-Fi)モジュールは「Killer Wi-Fi 6E」にも対応するCore i5プロセッサ(6コア12スレッド、12MB L3キャッシュ)

 Core i5プロセッサのラインアップは以下の通り。TDP(熱設計電力)は最大35Wだ。末尾に「★」が付いているモデルは、vProに対応している。また、最高クロックは1~2コア時、全コア時の順に記述している(以下同様)。

Core i5-11260H(2.6GHz~4.4GHz/4GHz)Core i5-11400H(2.7GHz~4.5GHz/4.1GHz)Core i5-11500H(2.9GHz~4.6GHz/4.2GHz)★11400H vs 5900HSIntelが実施したベンチマークテストでは、Core i5-11400Hは、8コア16スレッドの「Ryzen 9 5900HS」(3GHz~4.6GHz)と同等のフレームレートを記録したというCore i7/i9プロセッサ(8コア16スレッド、24MB L3キャッシュ)

 Core i7プロセッサとCore i9プロセッサ(TBT 3.0対応)のラインアップは以下の通り。TDPは末尾に「K」の付くアンロック対応モデルが最大65W、その他のモデルが最大35Wだ。末尾に「★」が付いているモデルは、vProに対応している。

Core i7-11800H(2.3GHz~4.6GHz/4.2GHz)Core i7-11850H(2.5GHz~4.8GHz/4.3GHz)★Core i9-11900H(2.5GHz~4.9GHz/4.4GHz)Core i9-11950H(2.6GHz~5GHz/4.5GHz)★Core i9-11980HK(2.6GHz~5GHz/4.5GHz)11980HKTiger Lakeマイクロアーキテクチャとしては初めてアンロックとTBT 3.0に対応するCore i9-11900HKは「世界最良のゲーミングノートPC用CPU」をうたう前世代との比較前世代の「Core i9-10980HK」(2.4GHz~5.3GHz、8コア16スレッド)と比較すると、最高クロックは少し低くなったものの、主要なゲームにおけるフレームレートは向上するという5900HXとの比較「Ryzen 9 5900HX」(3.3GHz~4.8GHz、8コア16スレッド)と比較しても、フレームレートは高いとアピールしている。比較対象のシステムはいずれもモバイル向けの「GeForce RTX 3080」を搭載していることを加味すると、PCI Expressバスのリビジョンの違いも影響していると思われるクリエイティブコンテンツの作成やオフィスアプリの利用でも、Core i9-11980HKはRyzen 9 5900HXよりもパフォーマンスに優れるというラインアップCore H45プロセッサのラインアップ(vPro対応モデルを除く)Xeon W-11000プロセッサ

 Xeon W-11000プロセッサは、今回登場したCore HプロセッサをベースにECC(エラー訂正)メモリのサポートを追加したモバイルワークステーション向けCPUだ。TBT 3.0やvProにも対応している。

 ラインアップは以下の通り。TDPは最大35Wだ。

Xeon W-11855M(3.2GHz~4.9GHz/4.4GHz、6コア12スレッド)Xeon W-11955M(2.6GHz~5GHz/4.5GHz、8コア16スレッド)vPro製品の特徴Core H45プロセッサ(vPro対応モデル)とXeon W-11000プロセッサの特徴。Xeon W-11000プロセッサはECCメモリに対応しているIHSvPro対応製品は「Intel Hardware Shield(IHS)」にも対応しているvProラインアップvPro対応Core H45プロセッサとXeon W-11000プロセッサのラインアップ仮想通貨カジノパチンコスマホ web ゲーム

タグ: , ,

Leave a Reply

業界連盟:k8 カジノ ログイン k8 カジノ カジノ フライデー ネット ルーレット 沖ドキ! 25 k8 カジノ 日本のオンラインカジノ k8 カジノ 招待コード |