スロット まとめk8 カジノ2023年のスマートフォンはココが進化する 注目すべき4つの技術トレンド仮想通貨カジノパチンコ2021 スロット

スロット まとめk8 カジノ2023年のスマートフォンはココが進化する 注目すべき4つの技術トレンド仮想通貨カジノパチンコ2021 スロット

giga スクール 構想 とはk8 カジノ

akb パチンコ 筐 体 2023年のスマートフォンはどんな進化を遂げるのだろうか。今回は2022年に発売されたスマートフォンを振り返ってみて印象的だったこと、そして今後のスマートフォンのカギを握る技術トレンドについて解説する。

カメラはハードウェアの進化に加えて“独自プロセッサ”もカギに

 2022年、大型の1型のセンサーを搭載したスマートフォンがシャープやソニーに続いてXiaomiやvivoからも登場しており、大型化競争もここまで来たかと改めて感じた次第だ。

Xperia 1 IVHUAWEI Mate 50Xperia 1 IV(上)では光学可変焦点の望遠レンズ、HUAWEI Mate 50(下)では絞り羽を持つ可変絞りを搭載するなど、興味深いアプローチをしてきたものもあった

 2023年もカメラ性能の強化は続くと考えられる。ただ、イメージセンサーの大型化だけではなく、基本性能を向上させた新規センサーの搭載、独自の画像処理プロセッサの実装、光学的なハードウェアの性能向上といったところに焦点が当たるだろう。

 イメージセンサーについては1型を超えてくるものはしばらく出てこないと考える。これ以上のサイズは光学機器の大型化から本体の厚みも無視できないほど大きくなるからだ。これに手ブレ補正機能を備えるとなれば、ユニットの大型化は避けられない。サイズに制約のあるスマートフォンでは難しいものとなる。

vivo X90 Pro+最新の「vivo X90 Pro+」ではカメラ部が大型化している

 独自プロセッサに関してはGoogle Tensorなどが注目に値する。業界で主流のSnapdragonよりも自由度の高い処理が可能になるのだ。イメージセンサーやプロセッサは供給できるメーカーが限られており、フラグシップで設計思想が近いものとなれば、おのずとカメラの基本性能の高さでは各社横並びになる。そこでメーカー各社は独自プロセッサを開発して差別化を図ろうとしている。

 この点についてはHuaweiがHiSilicon Kirinプロセッサで先行していたが、制裁の関係で現在はQualcommのプロセッサを使用している。Snapdragonと共存するサブプロセッサとしては、OPPOのMariSilicon Xやvivo V1/V2が先行しており、既にプロセッサのブランディングも行っている。

 それ以外のカメラハードウェアで注目したいのは、高品質なガラスモールドレンズや反射防止コーティング、テレマクロを可能とする望遠レンズ、ゆがみの少ない超広角レンズなどだ。

 画質面ではデジタルカメラのような収縮式のレンズを採用すれば解決する部分もあるが、防水性能などに難があり採用には課題が多い。このあたりのカメラハードウェアはまだ進化の余地があるため、今後も注視していきたい。

LUMIX CM1パナソニックの「LUMIX CM1」のように収縮式のレンズを備えた機種も存在するが、防水対応を考えると難しいものがある

 またスペクトルカメラといった新しいカメラハードウェアを搭載したり、動画撮影でも有効な強烈な手ブレ補正機能などに力を入れたりする機種も発売されている。このような王道以外のアプローチにも注目したいところだ。

 2022年筆者が手にした1型センサー搭載のスマートフォンは「AQUOS R7」と「Xiaomi 12S Ultra」。どちらの機種も大型センサーを生かした表現力に富んだ写真撮影が可能だ。

AQUOS R7「AQUOS R7」(右)と「Xiaomi 12S Ultra」(左)AQUOS R7AQUOS R7AQUOS R7で撮影Xiaomi 12S UltraXiaomi 12S UltraXiaomi 12S Ultraで撮影

 どちらもライカのチューニングが加えられていることもあり、独特の雰囲気も出せている。スマートフォンでもここまで撮影できるようになったと驚くばかりだ。

 HONOR Magic4 Ultimateでは波長情報を捉えることができるスペクトルカメラを搭載。捉えた波長情報を合成することで、より適切なホワイトバランスで撮影が可能になっている。

HONOR Magic4 Ultimate「HONOR Magic4 Ultimate」HONOR Magic4 UltimateHONOR Magic4 Ultimateで撮影。料理の作例では色が崩れにくく、見た目に近い色で撮影できる中国市場で活況の折りたたみスマホ、2023年は価格やディスプレイなどで差別化が進む

 折りたたみスマホも活況を呈した。日本ではGalaxy Z Fold4とFlip4の2機種が2021年同様に発売され、2022年は楽天モバイルでもFlip4の取り扱いがあるなど、着実に販路が広がってきている。

 海外ではSamsung以外にもHuawei、HONOR、vivo、Xiaomi、OPPO、モトローラからも折りたたみスマホが登場した。マイナーチェンジモデルを含めると実に10機種以上も発売されている。

HONOR Magic多くの機種は中国向けだが、「HONOR Magic V」などアジア地域や欧州で展開している折りたたみスマートフォンもある

 折りたたみスマホは2023年で登場から5年目なので、ある程度世間の認知度も高くなり、完成度が高いものが出てくる。既にGalaxy Foldシリーズに関しては、試作品としての段階は終え、より製品をブラッシュアップする段階に入っている。

 今後はこれを基準として、より安価なハードウェア、異なるアスペクト比、カメラ機能などを注力し差別化を図った機種が出てくるはずだ。

 現時点で活況なのは中国市場だ。その影響もあってほぼ全ての大手メーカーが折りたたみスマホを投入してきており、市場における関心度の高さがうかがえる。シャープがモバイル向けフレキシブルディスプレイを過去に参考展示したことから、そう遠くないうちに同社は折りたたみスマートフォンを投入してくることも考えられる。

Lenovoシャープのフレキシブルディスプレイは「Lenovo ThinkPad X1 Fold」といったフォルダブルPCに採用例がある

 さて、2022年は技術的なトレンドとしては画面を完全に閉じることのできる折りたたみスマートフォンが主流になりつつあった。日本で主流のGalaxyの折りたたみスマートフォンでは、構造の関係からヒンジ付近が完全に閉じ切らないものとなっており、ポケットに入れた際にホコリなどが付着しやすい。

Galaxy Z Fold3とHUAWEI P50 PocketGalaxy Z Flip3(左)とHUAWEI P50 Pocket(右)では、P50 Pocketが画面を隙間なく閉じることが確認できた。中国メーカーにとっては「Galaxyに対する技術的な優位点」となる

 ソフトウェアではAndroid 12Lでのタブレット向けUIを採用した端末が出てきた。Android 13では折りたたみスマートフォン向けに最適化された機能もいくつか存在する。操作UIの最適化はまだまだ粗削りなメーカーも多い中、OS標準で最適化されるとなれば、今後参入メーカーも増えて機種も多く登場するだろう。

GalaxyGalaxy Foldシリーズでも大画面をどのように使うのかという点に対して「PCのマルチウィンドウのように使う」という1つの答えが見えてきた印象だ。これは他社も追従してくるはずだ急速充電と衛星通信にも注目仮想通貨カジノパチンコサッカー s 級 ライセンス 難易 度

タグ: , ,

Leave a Reply

業界連盟:k8 カジノ ログイン k8 カジノ カジノ フライデー ネット ルーレット 沖ドキ! 25 k8 カジノ 日本のオンラインカジノ k8 カジノ 招待コード |